ストレスが原因となる

パソコン操作する医師

繊細な技術が求められる脳神経外科において、サイバーナイフは便利な医療器具です。こちらのサイトで詳細をチェックしましょう。

私は以前仕事のストレスで自律神経失調症になったことがあります。その時の症状と治療方法についてお話します。私が自律神経失調症になった当時は仕事が大変忙しく、朝早くから夜遅くまで休む暇もないくらいに仕事をしていました。また休日にも出勤して仕事をしたり、会社からの重責も重なり心身共に疲れ果てていました。そのような時に身体に異変が起きましたのが、まず急に突然動悸が激しくなり心臓がドキドキして極度の緊張状態になったり、夜すぐに眠ることが出来なかったり朝起きれなかったりしてしまう睡眠障害の症状が出始めてしまいました。そこで私は心療内科の病院で診てもらったところ、仕事のストレスによる自律神経失調症であることがわかりました。

心療内科での治療は精神安定剤と睡眠導入剤の薬による治療が行われました。また主治医の先生に言われましたのは、とにかく身体を休める必要があるとのことでしたので、診断書を書いてもらい会社に提出してしばらく会社を休むことにしました。会社は約三ヶ月間休みを取り、その間身体を十分に休めることにしました。心療内科への通院は二週間に一回の頻度で行き、その都度薬を処方してもらいました。そして約三ヶ月間会社を休んだ後に職場に復帰し、仕事量は会社を休む前よりも大幅に減らしてもらいました。これにより生活リズムが少しずつ整えるようになり、それまでありました激しい動悸や睡眠障害は無くなり、その後自律神経失調症は改善されました。

重要な役割を担う

女子の悩み

自律神経は、人間の体をコントロールしている神経です。自律神経のバランスが崩れると、自律神経失調の症状が起こりやすくなります。自律神経失調はストレスと大いに関係しているので、ストレスを感じやすい人は注意が必要です。

自然治癒力を高めて

看護師と医師

自律神経失調症はホルモンのバランスが崩れる更年期にも多く見られる病気です。一般的な内科治療では改善しないことも多く、他の治療法を試みてみるのも一つの選択肢となります。栄養療法や漢方治療などが例えば挙げられます。

神経のバランス

老夫婦の食事

交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと自律神経失調症になるので、病院へ行って治療をする必要があります。内科で改善しないときは心療内科などで心の病気を改善する必要があります。