重要な役割を担う

女子の悩み

自律神経は、体をコントロールする大事な役割を持っている神経です。しかし、この自律神経のバランスが崩れると、さまざまな不調を招き、自律神経失調を起こしやすくなります。この自律神経が原因で起こるさまざまな症状を、自律神経失調症と呼びます。 自律神経失調の原因は、主に精神的なストレスや環境・気候変化のストレス、過労、睡眠不足、不規則な生活リズムなどが挙げられます。特に、ストレスを溜め込みやすい人や、季節の変化に弱い人などは、自律神経失調症の症状が出やすいので注意しましょう。また、自分では疲労やストレスを感じていないつもりでも、体にはストレスが蓄積されていることがあります。蓄積されたストレスが原因で、急に自律神経失調症を発症してしまう可能性もあるので、くれぐれも無理をしすぎないことが大切です。

自律神経失調の症状は、肩こりやめまい、頭痛など、日頃の身近な体の症状も多いので、自律神経の乱れが影響していると気がつかないケースもあります。体の不調が続くような時は、ストレスを溜めていないか、ちゃんと休息は取れているかを確認しましょう。 自律神経失調の症状を軽くするためには、ストレスをなるべく増やさないようにすることです。何事も頑張りすぎず、ほどほどにしましょう。そして、心の余裕を持つことも大切です。日々の生活の中に、自分がリフレッシュできる時間を作りましょう。趣味に没頭したり、軽いストレッチやヨガをすることも効果的です。また、アロマを取り入れてみるのもおすすめです。アロマには快眠効果やストレス軽減効果がありますので、気持ちを落ち着かせることが出来ます。 このように、自律神経失調は、自分が気づかない間に症状が発症してしまう可能性がありますので、日頃から自分の体調を管理し、休息の時間をしっかり取ることが大切です。